首、肩、腕の痛み

小林整形外科クリニックでは、首、肩、腕の痛みの原因となる頚椎椎間板ヘルニア、頸部捻挫(むち打ち障害)、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、頸・肩・腕症候群、寝ちがえ、肩こりなど、患者様の症状を軽減させるために、適正な治療を行っております。
痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

頸椎椎間板ヘルニア

30~50代に多く、2個目以下の頸椎を椎間板といい、この椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような
役割をしますが、クッションの表面が破れた状態で内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。
年齢や運動負荷・遺伝的素因などいろいろな因子(多因子)が影響して起こりますが、頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものもあります。
症状はさまざまで、頸部痛、肩こり、手足のしびれや痛み、運動麻痺などの症状を引き起こします。
字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったり、歩幅が狭くなり階段の昇り降りがしずらくなります。
椎間板ヘルニアにより、脊髄、あるいは神経根のどちらが障害を受けているかで治療法は異なります。

頚部捻挫(むち打ち傷害)

むち打ち傷害とは、自動車などで追突されたり、衝突したりしたとき、重たい頭を支え、柔らかく動く頸部が、まるでむちのような波状運動を強いられることです。
これによって頸部の関節包、椎間板、靱帯、筋肉、神経、血管などがなんらかの損傷を受けて、複雑な症状が現れますが、これは病気の本態を示すものではないので、最近では適切な病名がつけられないまま頸部捻挫ともいわれています。
短時間の意識障害、頸部痛、頭痛、上肢のしびれ感、肩こり、めまい、眼症状、耳鳴り、吐き気、ときには腰痛もみられます。そして、これらの症状は、受傷直後から出るものと、直後はとくに症状はないが、数時間~1週間後になって出るものがあります。
整形外科医の方針にしたがって治療をおこなうことで、後遺症は少なくなります。

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

肩関節は、人間が立っている限り、腕の重みや重い物をぶら下げたりと、筋肉、腱、靭帯はいつもストレスが加わり続けることとなります。
そのため、50歳頃になるとこの部位の腱の変性が次第に進行し、ちょっとしたストレスでも容易に腱にキズがついき、炎症を起こすこととなります。
そして、この炎症は腱以外の周囲の組織にまでもひろがり肩の痛みをさらに強くするため、最近は肩関節周囲炎と呼ばれています。炎症症状の強い急性期では、痛みは上腕から前腕にかけて放散するもので、夜間も痛みのために目覚めてしまうこともあます。
安静、温熱療法、運動療法、お薬の処方が病期により種々に組み合わされて、治療が行なわれます。

頸・肩・腕症候群

頸部になんらかの異常があると、神経・血管が圧迫されて、首から肩や上肢にかけての痛み、肩こり、しびれ感が出てきますが、これらの症状を総称したものです。
頸部椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、胸郭出口症候群や五十肩もこのなかに含まれていたのですが、医学の進歩により、それぞれの原因が解明され、その原因に基づいた病名がつけられるようになりました。
頚・肩・腕の自発痛、運動痛、こり、脱力感、しびれ感などの共通した自覚症状があらわれ、この自覚症状が強いわりには、他覚症状が少ないことが特徴です。
十分な休養、運動療法、温熱療法、マッサージで症状は軽減されます。

寝ちがえ

中年期におこることが多く、朝起きたときに突然頸部に痛みがはしり、首を動かすことができない状態でです。
夜間の寝返りで老化変性の始まった頸椎が無理な姿勢や運動のために、椎間関節の不適合を生じておこる症状と考えられています。首をねじる運動はわずかにできますが、前と後ろへ曲げる運動は痛みがあって強く制限され、側頸部に圧痛もみられます。
通常2~3日で痛みは軽くなりますが、1週間以上も続くときは、頸椎の腫瘍や炎症の可能せがあります。

肩こり

色々な病気からおこる症状で、首筋から肩の間の筋肉の緊張がつづき、それによる原因は主には、次のようなものが考えられます。

  • 1、姿勢が悪い、運動不足、ストレス、不眠などで、筋肉の疲労によるものが多い
  • 2、変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニアなどの頸部の老化現象によるものが多い
  • 3、心臓病、高血圧、目や耳や歯などの病気からくる肩こり
  • 4、肩関節周囲炎などの肩の病気からくる肩こり、等です。
  • 原因となっている病気をみつけて、根本的に治療することが大切です。