しびれ

小林整形外科クリニックでは、しびれの原因となる、手根管症候群、肘部管症候群、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアなど、患者様の症状を軽減させるために、適正な治療を行っております。
痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

手根管症候群

手首の手のひら側にある骨と靭帯(じんたい)に囲まれた手根管というトンネルのなかの神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。
中年以降の女性に多く起こり、初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。
手を振ったり、指の運動をすると楽になり、進行すると親指の付け根の母指球筋(ぼしきゅうきん)という筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。
症状が軽症~中等症の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、お薬を処方したり、注射を行いますが、これらの療法で改善がみられない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術が必要になります。

肘部管症候群

小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり開閉したりする手指の筋肉を支配している神経が、肘の内側の肘部管で圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。
圧迫の原因には、肘部管を構成する骨が隆起した骨棘(こつきょく)や、靭帯の肥厚、肘部管内外にできたガングリオン嚢腫(のうしゅ)などがあります。神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(がいはんちゅう)(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)などがあります。
麻痺の進行により症状が異なり、初期は小指と薬指の小指側にしびれ感が生じますが、次第に手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない変形が起こります。
筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなり、握力も低下します。
初期で症状が軽症の場合は、肘を安静にして、お薬を処方しますが、これらの療法で改善がみられない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。

頸椎椎間板ヘルニア

30~50代に多く、2個目以下の頸椎を椎間板といい、この椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態で内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。
年齢や運動負荷・遺伝的素因などいろいろな因子(多因子)が影響して起こりますが、頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものもあります。
症状はさまざまで、頸部痛、肩こり、手足のしびれや痛み、運動麻痺などの症状を引き起こします。
字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったり、歩幅が狭くなり階段の昇り降りがしずらくなります。
椎間板ヘルニアにより、脊髄、あるいは神経根のどちらが障害を受けているかで治療法は異なります。

腰椎椎間板ヘルニア

20~40代で比較的若い人に多く、椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核(ずいかく)が脱出して神経組織を圧迫した状態で、通常、激しい腰痛と片側の下肢痛・しびれ感を引き起こします。
疼痛やしびれ感の部位は、圧迫される神経によって異なり、神経症状の強い場合は障害神経の支配筋に運動麻痺を生じます。年齢や運動負荷・喫煙・遺伝的素因などいろいろな因子(多因子)が影響して起こります。
腰痛に続いて大腿から下腿や足部にかけて電気の走るような痛みやしびれが加わってくることが多く、ほとんどは片側性です。この痛みは、咳やくしゃみで増悪するのが特徴的です。
筋力低下がゆっくり起きる場合は、腰や足の痛みが軽くなってから膝折れやスリッパが脱げるなどの症状で気づくこともあるので注意を要します。
進行性の麻痺症状がある場合を除き、通常の治療は、ベッド上での安静やコルセットの装着、お薬の処方などがおこなわれます。さらに痛みが激しい場合は、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法があります。症状の改善がみられず、運動麻痺が進行する場合や排尿・排便障害が出現する場合は、手術療法をおこなうこともあります。