専門とする疾患など

主な診療内容は、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科等です。
■専門とする疾患など
スポーツによる疲労骨折、打撲、脱臼、捻挫、アキレス腱断裂、テニス肘、野球肘などの外傷全般、変形性関節症(肘、膝、股関節)、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、頸部捻挫(むち打ち障害)、頸・肩・腕症候群、寝ちがえ、肩こり、関節リウマチ、骨粗鬆症、腰椎椎間板ヘルニア、痛風(高尿酸血症)、偽痛風(軟骨石灰化症)、頚椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰部筋筋膜症、腰部捻挫、脊椎分離症、特発性脊柱側弯症、腰部脊柱管狭窄症、腰痛症、腱鞘炎、ばね指(弾発指)、手根管症候群、肘部管症候群、デュピュイトレン拘縮、キーンベック病(月状骨軟化症)、神経麻痺、肘内障、小児股関節検診、オスグッド病、偏平足、開張足、外反母趾、足底腱膜炎、ガングリオン、シンスプリント治療、半月板損傷、単純性関節炎、ペルテス病、肉離れなど整形外科全般、切り傷等の縫合処置

※月曜日午後16時30分~19時と、木曜日午前10時~12時には、足と靴の専門外来も行なっております。
なお、足と靴の専門外来を受診される際には、事前に通常の診療を受診して頂きますようお願い致します。

足と靴の専門外来

あなたの足は、靴に満足してますか?

小林整形外科クリニックでは、月曜日午後16時30分~19時と、木曜日午前10時~12時には、足と靴の専門外来を行なっております。
なお、足と靴の専門外来を受診される際には、事前に通常の診療を受診して頂きますようお願い致します。

足に合ったおしゃれな靴を提供し、あなたの健康維持をサポートいたします。 足に合っていない靴を履き続けることで、体に及ぼす影響は、外反母趾や巻き爪、たこ、鶏目だけではありません。
腰痛や膝関節の痛み、全身の健康にも悪影響を及ぼします。
足にあった靴を履くことでこれらの痛みや障害の可能性が減るのであれば、靴の合わせ方を知り指導することもまた、整形外科医の役割だと考えております。

このような悩みをお持ちの方は、是非ご相談ください。

医師の指示のもとに、靴に詳しい義肢装具士が直接カウンセリング致します。

外反母趾

リウマチ

偏平足

糖尿病

タコ・ウオノメ

痛風

踵が痛い

左右の脚の長さが違う

X脚・O脚(膝の痛み)

合う靴がない

できること・・・

  • 足に合った靴の選択、履き方の指導
  • 足の型を取り、適合した中敷きの製作
  • 必要に応じて、靴の調整(加工)および靴のオーダーメイド
  • 靴や中敷きの微調整、修理を含むアフターケア

納得して頂けるまで対応させていただきます。
足の情報を取得し、足の状態に応じた中敷きを製作します。

靴選びのポイント

靴の最大の役割は、姿勢保持や歩行の際に足を支えるということです。靴を選ぶ際には、自分の足の形やサイズを知り、足に合った靴を選ぶことが大変重要です。ー人ひとりの足に適した靴を選ぶためには、本来なら最低でも長さ、周径、幅が必要であり、できれば高さ、土踏まずの位置なども知っておきたいところですが、オーダーメイドで購入する場合や病院で整形靴を購入する場合を除き、通常の靴店で、足のサイズや形を示す数値は、長さと周径(A~E、EE…という記号で表示)だけです。そこで、一般の靴屋ではサイズと周径でだいたいの目安をつけ、あとは実際にはいてみて確認するしかありません。患者さんに注意しておいたほうがよい点は、靴選びは夕方に行うほうがよいことです。3~5分間はいたまま、座る・立つ・歩くという動作を行ない、更に、夕方のほうが足のむくみでサイズが微妙に大きくなるため、靴を選ぶ際は夕方のほうがよいです。

また、きつめの靴を嫌って幅広の靴を選ぶ人も多いですが、幅が広すぎる靴は土踏まずの発達を妨げ、扁平足や開張足、さらに意外なことには外反母趾の原因ともなるので注意が必要です。
また、高齢者のかたは、転倒しにくい靴を選ぶことが、非常に重要です。
筋力も衰え、すり足で歩幅も狭くなるため、不安定にります。
その結果わずかな段差につまずき、転倒しやすくなるため、たいへん危険です。
靴を選ぶ際は、「足に合わせる」という基本から、さらに一歩進む必要があります。
サイズを微調整できる靴ひも(マジックテープ)タイプのものや、爪先がやや上に反っていて、つまづきにくいタイプのもの、さらに靴底のもりあがりが、土踏まずにフィットするなど、いくつかのポイントを踏まえた上で靴を選ぶことが、非常に重要です。

外傷時の応急処置

「ケガ」をした際にはRICE

打撲、捻挫、肉離れ、骨折等いわゆる「ケガ」をした際には、RICEとRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の4つの処置の頭文字を並べたもので、損傷部位の腫脹(はれ)や血管損傷、神経損傷を防ぐことが目的です。

具体的には、Restとはテーピングや副子にて固定することで、Iceはビニール袋などに氷を入れ患部を冷やすことです。
Compressionは患部をスポンジやテーピングで圧迫すること、Elevationは損傷部位を心臓より高く上げることで、いずれも腫脹を防ぐことです。

「ケガ」をされた際、固定や圧迫に必要な機材がなければ、冷やすだけでも行っていただくとよいでしょう。
また医院にかかられた際レントゲンに異常がなければ、安心される方が多いとは思いますが、打撲のみでも部位によっては、長期間症状が残存することもあります。
当院では、レントゲンの結果を告げるだけでなく、患部を十分に診察し、受傷後の日常生活での注意、スポーツ復帰の時期、腫脹や痛みがどれぐらいの期間で軽減する見込みか、冷やすほうが良いのか、温めるほうが良いのか冷シップと温シップに関する使い分けなど、患者さんが疑問に思われることについて説明するようにしております。

線維筋痛症

線維筋痛症とは?

線維筋痛症は、全身性慢性疼痛疾患で、全身に激しい痛みが起こる病気です。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。重症化すると、軽い刺激(爪や紙への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活が困難になることもあります。

現在我が国には人口の1.66%つまり約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表されており、男性より女性におおい病気で割合は1:4と推定されています。年齢として50歳代が多いですが、10代でも発症する方もあり、全年齢にわたっています。
線維筋痛症は致死的な疾患ではなく、精神病でもありません。また、リウマチのような変形をきたす疾患でもありません。

線維筋痛症とは?

痛み

線維筋痛症の痛みは耐え難い痛みで、広範囲かつ慢性的です。痛みの強さも様々で、部位も一部であったり全身であったりします。その痛みは様々に表現され、ズキズキとする痛み、鈍い痛み、ヒリヒリする痛み、刺すような痛み、焼けるような痛み等多岐にわたります。また天候の変化や肉体的・精神的ストレスなどの要因が痛みの強さや箇所を変化させます。

疲労感・倦怠感

線維筋痛症の疲労感・倦怠感は、個人差がありますが、日常生活を困難にするほどの極度のものもあります。
寝ているしかない、または動いた後しばらく休まなければならない人もいます。

こわばり感

関節のこわばりを感じることが多いのも特徴のひとつですが、リウマチとは違い関節の腫れや変形などではありません。動いていると少しづつ良くなります。

腫眼障害

痛みの為に眠ることができなかったり、浅い睡眠状態が多い場合があります。起床時に痛みやこわばりを強く感じることがあります。

他の症状

しびれ、感覚異常、微熱、抑うつ状態、不安感、自律神経失調症、慢性的な頭痛、過敏性腸炎、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レイノー現象、耳鳴り、レストレスレッグス症候群などを伴う事もあります。中には、リウマチや他の膠原病(こうげんびょう)を併発していることもあります。

診療時間
9:30~12:30 ×
16:00~19:00 × × ×

一覧を見る

ceos
d-sqインタビュー
覚悟の瞬間
Qualitas
山田朱織枕研究所

小林整形外科クリニックのご案内

地図

詳しい地図

  • ■院長
    小林恵三
  • ■所在地
    〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
  • ■連絡先
    078-412-2177
  • ■診療科目
    整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科
  • ■診療時間
    午前: 9:30~12:30
    午後:16:00~19:00
  • ■休診日
    木曜日・土曜日の午後・日曜日・祝祭日
  • ■交通
    JR線 甲南山手駅より徒歩1分
    駐車場は、医院の横に2台分と徒歩2分の場所に契約パーキングがございます。

    >交通情報の詳細へ