2019年1月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2019/01/15

みみより通信1月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2019年1月号 敗戦を糧に!

更新日:2019/01/15

   オリンピック3連覇にして国民栄誉賞受賞者の吉田沙保里選手が先日引退会見を行いました。そのインタビューの中で興味深かったのは自分を一番成長させた試合として、銀メダルに終わったリオデジャネイロ五輪の決勝戦をあげていたことです。現役最後の試合であったため、その敗戦から学び競技にいかせたという意味ではなく、初めて負けた人の気持ちが分かったという趣旨の話をされていました。

    スポーツ選手で大成した人は天性の才能だけではなく、膨大な時間を費やし、それこそ血の滲むような努力をしてきたはずで、そのこと自体は称賛されるべきである。しかし吉田選手は心配ないでしょうが、いわゆる第2の人生でつまづく選手もいてニュースで報道されたりします。これは競技生活においては自分の技術やメンタルを向上されることが何より最優先されるためであるからなのでしょうが、実生活においてはそれ以外に相手の立場にたつ、他人の痛みを理解できる能力が必要だからでしょう。          

   医療業界や官僚の世界や一流の企業の不祥事もこのような観点から説明がつく。医師になるような人は自分の学力を高めることに関しては努力を惜しまない人が多いが、この能力と他人を思い遣る能力は別である。そう意味では医師の半数以上は浪人経験者であることは良い面もあるのではないかと思ったりもします。

   10代や20代で最も大切だと思うことは何かに懸命にうちこむことである。その結果、卓越した成果を残せれば、素晴らしいことであるし、うまくいかずに悔し涙を流すことがあってもいい。いやむしろ負ける経験を積むことは人の痛みが理解できるという点では、長い将来を見据えると貴重な経験になる。最もいけないのは、自分の置かれた環境や能力に不満を持ちチャレンジさえしないことである。

   また昨今の世の中を見ていると一部の権力者の横暴で物事が決まったりして、不満を持つ純粋な若者も多いかもしれない。しかし残念ながら世の中は不条理である。だけれどもそれを頑張らない理由にしてはいけない。それでも懸命にやることだ。もうこれ以上できないという域まで努力した者だけにしか見えない世界がある。仮に一年後に試験に合格しないと命を失うというような状態に陥ると好き嫌いやさぼりたいなどと言わず多くの人は寸暇を惜しんで努力をし、実力をつけるだろう。しかしそういう状態にならずとも本気で生きている人間は数少ないが存在する。もちろん吉田選手などもそうだろう。 

   小学校の卒業文集に僕は将来の夢「医者」と書いた。そして幸運にも僕の夢は叶った。今振り返ると不運にも思えた不合格になった経験も財産となっている。大学受験で大失敗したことや高みを目指して努力し、窮地に陥っても状況を打開できたことは大きな自信になっています。失敗を怖れないことは若さの特権であり、かなりの実力がないと大失敗できる舞台にも上がれない。ホームランを狙って空振り三振に終わってもいい。自分はホームランを狙って思い切りスイングしたと堂々としていればいい。どんな結果になろうともプレイヤーの立場に身を置いてみることだ。必ずしも他人の決めたものさしの成功にこだわらなくてもよい。

   努力すれば必ず夢が叶うというような綺麗事はいわない。しかし敗戦をも糧にして生きていくなら、そして人の痛みを理解して生きていくのなら、必ず志を持ったカッコイイ大人に成長できると僕は断言できる。

2018年12月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/12/11

みみより通信12月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年12月号 M-1グランプリと医学部入試

更新日:2018/12/11

    今M-1グランプリ、医学部入試の採点基準が問題になっている。M-1グランプリに関しては、一夜にして漫才師の人生が変わるので、出場者の目の色がかわるのは理解できます。しかしナイツやオードリーなど優勝していなくても売れているコンビはあるし、採点基準がどうあれ優勝する力があるグループならファイナルには残るし、2回はネタを披露できる機会があるだろうから、仕事が増えることは間違いない。チャンピオンという肩書きも大切かもしれないけれど、あくまで芸能界は力の世界です。チャンピオンにもなった芸人が審査員を冒瀆することがあってはならない。

    一方で医学部入試は採点に問題がありそうで、一部の不正入学は問題外として、地域性や性別や多浪生が不利になるような採点があり、これが問題視されている。採点基準をあらかじめオープンにしても、批判は出るし、完璧な入試制度というものは難しい。本来合格している受験生が不合格になっているのは可哀想ではありますが、能力があり、意志がある人間はいずれ間違いなく、医学部に入る。フェアーに入試を行なっても、激戦の医学部入試は2回試験をすれば、合格者の3分の1は入れ替わるかもしれません。だから医学部にどうしても入学したければ、全国どこの大学でも進学すべきか、あるいはどうしても譲れない大学があるのなら、そこが滑り止めになるぐらいの実力をつけるしかないでしょう。そうすれば採点で不利になっても余裕で合格できます。しかしこれはほとんどの受験生には無理なのでしょうが、僕はそうやって医学部に入った。

    意志のある人間は泣き言を言わない。医学部にお金がかかるとか、親が医師でないとか、できない理由を並べる人が多いのは残念だ。医学部を卒業すれば経済的に親の世話にならずに生きていこうと決意していたので、僕は学生時代にM-1の優勝賞金ぐらいはアルバイトで稼ぎました。

    M-1グランプリというと僕は創始者のS氏と学生時代に少し縁があって、卒業試験の真っ最中に出演したバラエティー番組で、僕は出演後、個人的にS氏からの伝言を弟子のグループDから受けた。笑いのセンスを認められたということなのでしょうか。出演中からS氏が僕に目をつけたのはおそらくスタジオに来ていた人もわかったはずです。そもそも卒業試験中にテレビの収録に来るとは馬鹿か大物のどちらかだとS氏は収録の合間に楽しそうに話していました。僕は大物ではないことは確かなので、馬鹿なのでしょうが、アップル創始者の故スティーブ・ジョブズもスタンフォード大学の卒業式で卒業生に「ハングリーであれ、馬鹿であれ」とスピーチしているので、ハングリーで馬鹿な僕はジョブズに好かれたかもしれません。僕はスタジオに残る選択をせず、帰宅したので医師をしていますが、会場に残っていたら、また違った人生を歩んだかもしれません。
    いずれにしても医学部に入学できる能力であれ、笑いのセンスであれ、それを他人をハッピーにするために活かして今後も医師を続けていきたいと思います。

年末年始休診のお知らせ

更新日:2018/11/12

2018年の診療は、12月28日(金)までとなります。

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)までは休診です。

年始は、1月4日(金)より通常どおり診療いたします。

2018年11月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/11/12

みみより通信11月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年11月号 健康寿命は足で決まる

更新日:2018/11/12

   足のトラブルの代名詞ともいわれる外反母趾。40代以上の女性に多く見られますが、最近は10代での発症も増えています。足の母趾の付け根の骨の部分が『く』の字に曲がり変形した部分が靴に当たって痛みが出るのが外反母趾の症状です。
   要因として遺伝的素因や女性であることがあげられますが、足に合わない靴を履いていることも要因になります。
   変形を放置すると足の痛みはなくても、膝関節、股関節、腰の痛みの原因になりますので、注意が必要です。
   外反母趾の方は扁平足や横アーチがなくなって幅広い足になる開帳足になっていることが多く、きちんと自分にあった靴を履くことや、中敷をオーダーメイドで作製することが、治療として有効です。
   歩くことは健康にいいことです。生活習慣病や認知症も歩くことが予防・治療になります。外反母趾、扁平足、浮き指など足について気になる方は整形外科を受診してください。
   今回東京医大の不正入試問題について原稿を書いていましたが、オチへの繋ぎの部分の推敲を重ねている際に過って削除してしまいました。したがって幻の原稿となりました。このため急遽靴外来の案内にしました

2018年10月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/10/12

みみより通信10月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年10月号 女性が憧れる職場に

更新日:2018/10/12

   女性特に子育て中の女性にとって勤めやすい職場とはどんな職場なのでしょうか?仕事であってボランティア活動はないので、自分に適性があり、給与がもらえるということは大切でしょう。しかしそれらと同等、またはそれら以上に重要なことは休みがとりやすいことや職場の雰囲気が自分にあっているかということではないかと思います。当院では、スタッフ本人や子供さんの体調不良や学校行事の都合で休みを取ることは、全て許可です。休みをとるとまでいかなくとも、理由(学校行事や通院など)があれば早退等も認めています。そのためにスタッフ同士で勤務を交代したりしてやりくりしますが、どうしても通常よりも少ない人数でシフトを組むことがあります。それでも業務に支障がないように通常より準備をしておきますが、稀に運よく(?)患者さんが多かったり、問い合わせの電話が多かったりして余裕がない時間帯があります。しかしそういう経験を通してスタッフは成長していきます。半年前には到底できなかったことができる喜びを感じ長く勤務してくれるスタッフが一人二人と増えていきます。話が少しそれましたが、通常診察をしておりますと、仕事のため通院困難な患者さんが多いことを感じます。世の中には様々な職業、仕事があり一概には言えないのですが、仕事をするにも健康第一でしょうから、もう少し休みをとりやすい職場が増えてもよいと思います。職場の他人の目が気になり、正当な理由があっても休みが取りにくかったり、経営者側に、休みがとりやすい環境作りに対する努力が不足しているのではないかと感じることがあります。特に女性は結婚、妊娠、子育て、家事と乗り越えなければいけないハードルが多数存在します。働きに時間制限のある女性の力をなんとか埋もれさすことなく、活かせないかと開業以来10年、他の職場では採用されないような方でも能力、適性があれば採用してきました。また在職中に入院、手術をうけたりして、2〜3週間仕事から離れないといけない場合が何度かありました。職場に迷惑をかけてはいけないと退職も視野にいれて院長である私に相談にくるのですが、当院では全員で復帰までの間、支えますし、その程度で退職してもらうことはありません。しかし御主人の転勤やご家族の体調(介護や転居を要するなど)、あるいは託児所の閉鎖などで、退職が避けられない場合も残念ながらあります。今年に入り、新人を多数採用しましたが、現在のところ順調に力をつけています。

   当院は月一回みんなで昼食後にミーティングをするのですが、仕事に対する真面目な熱量だけではなく、笑いの絶えないミーティングを行っています。以前毎月一人ずつスタッフが他のスタッフから仕事ぶりを評価して褒められるという企画を行い好評でした。これは他の医療機関でも採用されています。ただこれは人間関係がうまくいっているからこそできるのであって、現実には難しいという意見も聞きます。採用にあたっては志願者の方に診療中に実際スタッフの働きぶりを見学していただいています。条件面や医院のホームページからだけでは判断できない雰囲気を感じていただくことが採用におけるミスマッチを減らすために重要と考えています。採用を10年以上していて分かったことがあります。経験者であれ、未経験者であれ、定着して伸びていくスタッフには共通点があって皆素直だということです。一方、能力があって人柄が優れたスタッフが定着するには院長の器量が問われます。人を惹きつけるパーソナリティーであったり、言葉に行動が伴っているかなど、こちらも厳しく評価されます。院長の私にその器量があるかは、定着するスタッフの質で評価されるのでしょう。この通信を読んでくださっている素敵な貴女。次のスタッフは貴女かもしれない。

2018年9月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/09/10

みみより通信9月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年9月号 医科歯科連携

更新日:2018/09/10

   大阪桐蔭が春夏連覇を達成した夏の甲子園大会で注目を集めたのが、金足農・吉田輝星投手です。今回取り上げるのは彼の「歯」です。試合中にマウスピースをしていることはご存知の方も多いでしょうが、テレビ画面から彼自身の歯も白く、歯並びも良いように見えます。スポーツ選手がマウスピースをするのは瞬間的に大きな力を出す際に歯を噛み締めて、歯が割れてしまうことがあるため、その予防です。サッカー選手でも世界的なスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウドは競技能力を高めるために10代の頃に歯の矯正を行なったそうです。昔「芸能人は歯が命」というテレビCMがありましたが、芸能人では審美的なことが重要視されるのに対して、スポーツ選手の場合は噛み合わせ等を含む、噛み締めて強い力を発揮できることが重要です。一般人の場合、歯は特に重要でないと考えている方はいないと思いますが、年齢と共に歯が抜けていく方が増えて、50代にして既に自分自身の歯が一本もないという人が存在するようです。そして80代になると自分自身の歯が一本もない方の割合が一番高くなります。今後の高齢化社会において、医科と歯科の連携がますます重要になると考えられます。整形外科関係でも抜歯する際に中止が望ましいとされる薬剤がありますし、歯が悪い人は歯周病になっていることが多く、手術の予後にも影響してきます。手術そのものは成功したのに、口腔ケアができていないため、誤嚥性肺炎になり、入院期間が長引いたり、最悪の場合には命を落とすこともありえます。これは整形外科の手術だけに限らず、他科の手術でも同様です。内科入院においても免疫力が落ちていることが多いと推定されますので、歯周病があると入院が長期化する可能性があります。口腔ケアは入院後にも、もちろん必要ですが、持病がなく、入院する予定はなくとも日常生活から取り組むことが重要で、人生100年時代と言われる現在、健康寿命を長くするためにも、自分の歯で噛めることは大切でしょう。また既に筋力低下で「寝たきり予備軍」の方も自分の歯の治療や、例え義歯であれ十分に噛めるようにすることで、リハビリがはかどり、歩けるようになったりします。整形外科的なリハビリだけでは解決できない要素があるということです。もちろん歯科治療にも、医療費はかかりますが、歯科治療を行うことが、認知症予防になったり、術後の入院期間の短縮になったり、糖尿病の薬を減量できることにつながると考えると、全体的な医療費は大きく削減できると予想されます。我々医師も健康に関することをすべて抱えこまないで、予防や治療効果を高めるため、歯科医、薬剤師、義肢装具士、理学療法士、栄養士などと協調し取り組むことが、今後ますます重要になるでしょう。プロスポーツ選手や2020年東京オリンピックを目指す選手、芸能人を目指すあなただけでなく、一般人にとっても歯のケアは必要です。口腔ケアであなたも素敵な輝く星となりましょう。

2018年9月4日(火)臨時休診のお知らせ

更新日:2018/09/04

本日は天候不良のため、午後診療を休診いたします。

2018年8月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/08/20

みみより通信8月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年8月号 コード・ブルー

更新日:2018/08/17

   現在クリニックで僕が着用しているスクラブはドラマ「コード・ブルー3rdシーズン」で山Pこと山下智久とガッキーこと新垣結衣が着用しているものと同じだそうです。当院が開業した10年前に放送が始まり、その後人気ドラマであるため、映画化され、現在劇場版コード・ブルーが上映中です。ドラマ放送はリアルタイムでは視聴していませんでしたが、今年再放送でまとめて視聴して、よく出来たドラマだと感じました。多くの医療ドラマでは天才外科医が難手術を成功させたり、勧善懲悪の世界があったりしますが、現実はそうシンプルなものでなかったりします。コード・ブルーではドクターヘリに乗る若手救命医の成長をえがいていますが、救命医が出動する現場では重症者が優先されるが、助かる見込みが無い患者さんには処置を中止し、一人でも多くの命を助けることが義務となる。若手医師は可能なら全ての命を救いたいと考えるが、判断を誤ると助かる命も助からない悲劇が起きる。そして現場では何が最善か判断が困難なことも多い。

   僕が医学部に入学する前に悩んでいたことの一つがそこにはあった。治らない病気や事故により救えない命がある。その現場に直面した時に僕は救えなかった命のことをクヨクヨずっと考えてしまうのではないかということを心配していました。感受性が強く、すぐに切り替えることなどできはしないだろう僕は医師には向いていないのではないか?と将来を案じていました。大学入学前に答えが出せなかった僕は、でも先ず医師の世界に飛び込んでみようと思いました。医師になった時も先ず5年やろう。そしてどうしても医師に向いていなければ、すっぱり医療の世界から足を洗おうと考えていました。世間にはどんなことをしても子供を医師にさせたい親もいるし、社会的地位も高く、それなりに収入もある職業ではありますが、当時の僕にとってはそんな事実は重要ではなく、自分が不向きなら医師という職業にしがみつく気持ちはありませんでした。でも医師になってから僕はいろいろなことを学び、経験し強くなったのでしょう。成長したのだと思います。そして今僕は医師に自分は向いていると信じて医師をしています。僕が医師に向いているかどうかは自己評価より最終的には患者さんが判断されることだと思いますが、僕は医師が我が天職と感じ、1月のみみよりつうしんでも記したように宝くじで10億円あたっても今後も医師を続けます。

   僕は他人には見せないようにはしてはいますが、未だ治らない病気に対する無力感や救えなかった患者さんに対する想いを胸の奥にしまって医師をしています。これは僕だけではなく、ほとんどの医師が思うようにならなかった過去を抱えて現在を生きているのだと思います。「コード・ブルー」を見て昔の自分の悩みを思い出しました。

   映画の設定でも10年が経過して山Pやガッキーも今や若手救命医を指導する立場にあります。フジテレビや山Pから宣伝して欲しいと頼まれたわけではないけれど、リアルな現場に近い作品として「劇場版コード・ブルー   ドクターヘリ緊急救命」を映画館に観に行きたいと考えています。

当院がNHKクローズアップ現代の取材を受けました。

更新日:2018/07/26

先日、当院がNHKクローズアップ現代の取材を受けました。

放送時間は、8月10日19時30分より放送のクローズアップ現代+特別編「教師が殴られる(仮)」その他のテーマと共に通常より放送時間を延長して放送されます。

非常に興味深い内容の番組となっておりますので、ぜひ皆様ご視聴ください。

2018年7月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/07/10

みみより通信7月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年7月号 明るい未来を切り拓く

更新日:2018/07/10

   必勝パターンを複数持つことは困難で、多くの人は先行逃げ切りをはかることが一般的である。幼児教育や早い時期にスポーツや音楽を習い始めることが、これにあたるのでしょう。スポーツや音楽の分野や最近話題になっている将棋の藤井七段など将来大成するであろう人の多くは10代で頭角を表すことが多い。ただ一般社会では先行逃げ切りは過去の遺物といってよいのかもしれません。終身雇用の時代ではなくなり、技術革新がおきるとこれまでの価値が一変することがしばしばおきる。医師になったから、一流企業に入ったから後は安定ということが言えない時代にすでに突入しているのでしょう。現在欧米の大学入学などで重視されているのは、挫折からいかに立ち上がったかという経験です。すべて欧米が優れているわけではないけれど、日本は減点主義で思い切ってトライすることに臆病になっているような気がします。先行逃げ切りで優位にいる人ほど保守的で失敗を怖れる傾向が強い。そこからは新しい考えやドラマティックな逆転劇は生まれない。

   4月に長男の入学説明会に参加しました。昭和の時代に医学部に入学した私の頃と比べると勉強が大変そうで、一年生からかなり勉強が必要で、国家試験にも毎年1000人程度が不合格になります。受験総数が10000人程度であるので約10パーセントが不合格になる計算です。入学してもすぐ勉強なので受験勉強で燃え尽きてしまうようではいけませんから、極一部の超優秀層(その気になればほとんどの医学部に合格できる学力がある受験生)以外は大学のブランドにこだわるより入学できる大学に入るのが現在では大切なような気がします。どこで学ぶかよりどう学ぶかです。アルバイトに精を出したり、卒業試験期間中にバラエティー番組に出演したりするぐらいの余裕があるほうが、臨床医としては人間として魅力的という意見もあり、メディアには取り上げられやすいですが、下手すると留年します。

   学生時代、特に受験生の時代に様々な試練がありました。そこで私が身につけたものはレジリエンスすなわち困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力です。これは危機管理能力、リスク対応能力の視点からも重要です。今後10年世界も医療業界も大きく変わるでしょう。人間は元来変化を嫌う性質を持っているので、多くの組織、人間にとって生きづらい世の中になるのではないでしょうか。これまでの成功体験や無意味な個人のこだわりは意味をなさなくなります。嫌々変わるより自ら変わった方がアドバンテージは大きい。

   開業10周年を迎え振り返ると、色々な困難や試練もありましたが、家族の協力や当院スタッフを中心に人に恵まれ、やってこれました。皆さまに感謝します。これから10年は大変な時代になるでしょう。しかし僕はこれまでの人生で、どんな困難にも屈しない回復力を身につける機会に恵まれました。むしろどんな困難がくるのか今からワクワクしています。変化し挑戦する者だけが翼を得ることができる。

夏季休診のお知らせ

更新日:2018/07/02

お盆は、8月11日(土)~15日(水)までを休診とさせていただきます。
16日(木)より通常診療いたします。

2018年6月号 みみより通信更新のお知らせ

更新日:2018/06/05

みみより通信6月号を更新しました。
みみより通信ページはコチラ

2018年6月号 すべらない話

更新日:2018/06/05

   女優米倉涼子のオーダーメード枕を計測された山田朱織先生と日本整形外科学会の期間中に行われた第6回睡眠姿勢研究会でお会いした時のお話です。山田先生はキュートで謙虚な方ですが、睡眠姿勢革命に対しては固い決意をお持ちであることを再認識いたしました。研究会に参加するのは入会3年にして初めてでしたが、講演会後に開催される懇親会での乾杯の挨拶の大役を引き受けることになりました。5分程度話して欲しいということでしたので、ひとネタやってくださいということと解釈しました。山田先生とW県立医科大学K教授の講演終了後に懇親会はスタートし、司会の枕診断士Sさんに促された私はマイクを手にとりました。挨拶冒頭で業務提携により、計測日には毎回多くの患者さんの計測をしていただき、感謝しておりますことを述べた後、当院では全身が痛くなる原因不明の病気である線維筋痛症(昨年歌手のレディー・ガガが闘病中であることを公表した)の診察も行っていますが、主症状である睡眠障害、慢性疼痛に対して、オーダーメード枕がもしかすると有効ではないかと問題提起いたしました。ここで堅い話から雰囲気を一転させ、サプライズで山田先生にエルメスの石鹸をプレゼントしました。山田先生が計測されるオーダーメード枕「整形外科枕」は同じく整形外科医である先生のお父様から40年以上の研究、開発の歴史があり、今後も信頼度において枕業界のエルメスを目指してやりましょうという私からエールの表現であります。またテレビ出演や出版などで有名な山田先生はおそらくエルメスの商品もたくさんお持ちでしょうが、さすがに石鹸をご自身で購入されることはないだろう。そして万が一お気に召さなくとも使えばなくなるものなので、ご負担にもならないだろうという配慮です。このような思いが込められているのですが、プレゼントにがっかりされた場合は石鹸だけに、私の努力も水の泡です(笑)。幸い山田先生はアロマ等、いい香りがお好きなようで石鹸をたいへん喜んでいただきました。研究会の始まる前に、私がエルメスのネタでいこうと言うと、当院スタッフが、「初対面の偉い先生方も多数参加されるので、すべりませんか?」と心配してくれました。「すべっても石鹸の話だから大丈夫。硬くならずにいこう。」と私が即答した舞台裏も明かしてさらにひと笑い。最後に「ビールの「泡」が消えないうちに乾杯しましょう」と、研究会の今後の発展と参加者のご多幸を祈り乾杯して締めました。挨拶の後、山田先生からご紹介いただいたW県立医科大学K教授から「先生、話上手いね!」というお褒めの言葉をいただきました。その後、和やかな話あり、情報交換ありと有意義な懇親会となりました。どうやらすべらなかったようです。

«
小林整形外科QRコード 院内情報
メディア情報