• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

院長紹介

院長紹介
院長紹介
1994年に神戸大学医学部卒業をした後、明石成人病センター(現がんセンター) 、神戸大学医学部附属病院、神戸労災病院、三菱神戸病院、国立加古川病院(現甲南病院加古川病院)、神鋼加古川病院で勤務してまいりました。そして2008年7月1日、神戸市東灘区のJR甲南山手駅北徒歩1分のところに小林整形外科クリニックを開院しました。
捻挫・骨折などの外傷や慢性的な腰痛・肩こりだけでなく、関節リウマチ・痛風などの病気に関してもご相談ください。なるべく診察の段階で病気を特定できるように心がけ、患者さまに検査の負担がかからないように努めています。また、治療においても、患者さまから症状を伺いながら、「どのような治療に取り組むのか」などを一緒に決めていきたいと考えております。身体の痛みやケガなどがありましたら、お気兼ねなく足をお運びください。待ち時間も快適にお過ごしいただけるよう、患者さま目線で院内環境を整えております。

日本整形外科学会認定 整形外科専門医
【院長】 小林 恵三(医学博士)

治療方針
治療方針
初めて来院される方は、緊張や不安があるでしょう。そこで当クリニックでは患者さまの不安や緊張を少しでも和らげられるように、打ち解けやすい雰囲気づくりを心がけております。また、なるべく専門用語を使わずに、わかりやすい言葉に置きかえて説明するように努めています。とくに痛みが現れている部位は、肩や首などの範囲によって変わってきますので、説明に誤解がないようしっかりとお伝えします。さらに、治療方法を提案する際も、無理な計画を立てないように意識し、患者さまがモチベーションを下げることなく、継続して治療に向き合える工夫をしています。もし手術が必要な骨折や脊椎疾患で保存的な加療で作用が感じられず手術が必要な場合は近隣の関連病院にご紹介いたします。
もし診察時にわからないことがありましたら、お気楽にお尋ねください。

専門とする疾患

主な診療内容は、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科等です。
専門とする疾患など
スポーツによる疲労骨折、打撲、脱臼、捻挫、アキレス腱断裂、テニス肘、野球肘などの外傷全般、変形性関節症(肘、膝、股関節)、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、頸部捻挫(むち打ち障害)、頸・肩・腕症候群、寝ちがえ、肩こり、関節リウマチ、骨粗鬆症、腰椎椎間板ヘルニア、痛風(高尿酸血症)、偽痛風(軟骨石灰化症)、頚椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰部筋筋膜症、腰部捻挫、脊椎分離症、特発性脊柱側弯症、腰部脊柱管狭窄症、腰痛症、腱鞘炎、ばね指(弾発指)、手根管症候群、肘部管症候群、デュピュイトレン拘縮、キーンベック病(月状骨軟化症)、神経麻痺、肘内障、小児股関節検診、オスグッド病、偏平足、開張足、外反母趾、足底腱膜炎、ガングリオン、シンスプリント治療、半月板損傷、単純性関節炎、ペルテス病、肉離れなど整形外科全般、切り傷等の縫合処置
※月曜日午後16時30分~18時、木曜日10時〜12時は足と靴の専門外来も行なっております。