• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

膝・足の痛み

膝・足の痛み

膝・足の痛み

小林整形外科クリニックでは、膝や足の痛みの原因となる、偏平足、開張足、外反母趾、変形性膝関節症、半月板損傷(内側半月損傷、外側半月損傷)、単純性関節炎、オスグート・シュラター氏病、足底腱膜炎、シンスプリント治療(脛骨過労性骨膜炎)、ペルテス病、痛風(高尿酸血症)、偽痛風(軟骨石灰化症)などを診療しております。
痛みでお困りの方は気兼ねなくご相談下さいませ。

偏平足

扁平足とは、足の裏にある土踏まずが潰れ、足裏が平らになった状態です。激しい運動をする人は痛むこともありますが、病気と呼ぶほどのトラブルはありません。
土踏まずは大人になるにつれて徐々に高くなるため乳幼児の頃は誰でも扁平足です。大人になってからの扁平足は、年齢による腱の変性や体重の負荷によることなどの原因が考えられます。かかとの骨が内側に傾いているので足にうまく体重をかけることができず、体が安定せず、片足立ちをしにくいのが特徴です。
扁平足自体は病気とは言えませんが重症化すると外反母趾などを引き起こす可能性もあります。

開張足

開張足とは、足指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態のことです。
自覚症状がないため気づかないことが多いですが、放置すると外反母趾や内反小趾、扁平足などの足病変を引き起こします。ハイヒールやパンプスを履く女性に多く、女性の約9割は開張足の傾向があります。
原因の一つに、靴の問題があげられます。ヒールの高い靴を履いていると、かかとが不安定になり前足部でバランスを取ろうとして、重心が前に移動します。そのため横アーチに無理な負担がかかるのです。その疲労を放置しているとアーチが崩れて開張足になります。

外反母趾

外反母趾(がいはんぼし)とは足の親指の関節が、小指側にくの字状に突き出た状態を指します。原因はさまざまですが、主に足に合わないサイズ・形の靴を履き続けて、つま先を圧迫することで生じます。この状態のままでいると突き出た部分に炎症が起こり、痛みを伴う場合もあるので、なるべく早くに治療を受けた方がよいかと思います。
治療では、足指を変形させないように矯正装具やパッドをつけて改善を目指します。また、日常的にハイヒールを履いている方は、履かないようにする必要もあります。こうした治療をおこなっても改善が見られない場合は、手術が必要です。当クリニックでは、月曜午後と木曜午前に義肢装具士による指導をしていますので、足や靴のことで気になることがありましたらご相談ください。

変形性膝関節症

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

半月板損傷(内側半月損傷・外側半月損傷)

半月板損傷は、ジャンプの着地やストップ&ターンでバランスを崩したときに起こり、内側側副靱帯や前十字靱帯の損傷を伴うケースが多くみられます。半月板は膝内部の内側(内側半月板)と外側(外側半月板)に1枚ずつあります。大腿骨と脛骨からなる関節面に介在して膝の動きをスムーズにしたり、膝関節の動き(屈曲・伸展、内旋・外旋)に際して膝関節を安定させたりするとともに、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッション的な役割(衝撃吸収)を果たしています。この半月板が、スポーツ活動などによって膝をひねったときに摩擦などのストレスで損傷(断裂)することがあります。半月板を損傷すると膝関節の疼痛や運動制限が発生します。

単純性股関節炎

突然に股関節や膝に痛みが起こり、痛くて歩けなくなったり、痛みのために脚をかばって引きずったりします(跛行)。
3~8歳くらいの子どもに多く、風邪をひいた後に起こることもしばしばです。X線写真では特に変化が見られませんが、超音波検査によって、関節内に水が溜まっている状態が認められたりします。
股関節を安静に保ち、歩行させなければ、ほとんどは1週間~10日以内で自然に治ります。

オスグート・シュラター氏病

ジャンプやボールを蹴るなどのスポーツ動作により大腿四頭筋の張力が作用し、膝蓋腱付着部の骨が引っ張られることで起こるスポーツ障害です。要約すると、運動をする時、太ももの前の大きな筋肉を使うことで、その筋肉が付いている骨に炎症が起き、痛みを伴っている状態です。育成年代のみに生じる理由として、成長期には骨は成長し長さが増していきますが、骨の成長よりも筋肉の成長が遅いため、相対的に筋肉の長さは骨の成長についていけなくなり、筋肉の柔軟性が失われて筋緊張は高まります。

足底腱膜炎

足の裏には、かかとの骨から足の指の付け根をつなぐ線維が、扇状の膜のように広がっています。これが足底腱膜です。アーチ状になった足の「土踏まず」を支える重要な役割を果たします。マラソンやハイキング、長時間の立ち仕事などで土踏まずに過度な負担がかかると、足底腱膜がかかとの付近に引き伸ばされる力が繰り返しかかることになります。この時に、腱膜に炎症や目に見えない傷を生ずると考えられます。

シンスプリント治療(脛骨過労性骨膜炎)

スポーツにより、脛(すね)周囲に痛みが生じ、安静にすることにより痛みが引く症状のことを言います。筋肉による繰り返しの牽引を原因とした下腿の骨膜炎と考えられています。10代の競技者に多く、特にランニング傷害においては12~18パーセントを占めていると言われています。
ほとんどの場合が場合は、バランス訓練や超音波治療等のリハビリを中心とした治療を行います。

ペルテス病

発育期に抱いた骨近位骨端(骨の付け根)に阻血性壊死が生じる疾患です。大腿骨頭の変形をきたしますが、小児期では骨のリモデリング(骨を壊し、再生すること)の能力が旺盛なため、成人の大腿骨頭壊死症に比べると予後がよく、軽微な機能障害を残すにとどまることが多いです。発症年齢は2~13歳くらいで、男女比は4:1と男児に多くみられます。

痛風(高尿酸血症)

痛風とは尿酸値が高い状態が続くことで、関節に結晶がたまって炎症が起こる病気です。代表的な症状には、足の親指の付け根が赤く腫れる、激しく痛むなどがあります。この病気の原因として、プリン体が多く含まれている食べ物を食べる、ストレスをため込むなどが挙げられます。病気が進行すると合併症を引き起こす恐れもあるので、しっかりと治療を受けることが大切です。
治療としては、お薬で尿酸値を下げることができます。しかし、再発することがありますので、生活習慣を改めることが大切です。健診などで指摘を受けましたら、痛みが現れる前にご相談いただければと思います。

偽痛風(軟骨石灰化症)

偽痛風(ぎつうふう、Pseudogout)とはピロリン酸カルシウム二水和物(CPPD)の関節軟骨や周囲組織への沈着を原因とした、関節炎を来す疾患の総称です。
症状としては高齢者の大関節に激烈な痛みがおこり、患部の炎症に伴う発熱、同部位の関節腫脹・発赤・運動時痛を認めます。好発部位は膝関節で、偽痛風の半数以上が膝関節です。それ以外には肩関節(石灰沈着性腱板炎)・足関節・手関節が好発部位です。