• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

肘・手の痛み

肘・手の痛み

肘・手の痛み

当院では、肘や手の痛みの原因となる変形性肘関節症、肘内障、ガングリオン(結節腫)、腱鞘炎、ばね指、手根管症候群、デュピュイトレン拘縮、キーンベック病(月状骨軟化症)などを診療しております。痛みでお困りの方は気兼ねなくご相談下さいませ。

変形性肘関節症

形性肘関節症とは、その名の通り肘の関節が変形してしまうような病気です。何らかの原因が存在する場合もあれば、原因が不明な場合もあります。原因が明らかなケースとしては、肘の骨折や卓球などがあげられます。安静な状態では痛みは治まる傾向にありますが、肱を曲げたり伸ばしたりして動かすことによって痛みが強くなってしまうといわれています。
急に肘が動かない状態で固まり、動かそうとすると激痛を生じる、ロッキングが起こることがあります。
まずは安静にしてホットパックや電気治療などをおこない、湿布や痛み止めのお薬を用いた治療を行います。症状の改善がみられない場合は、手術をおこなうこともあります。

変形性肘関節症の治療法についておこなわれていくのが、安静にしていくことになっていきます。その後にホットパックで温める電気治療などの理学療法を行っていく事になります。それに並行して湿布や痛み止めなども用いていく事になっていきます。また手術などをおこなっていき増殖してしまった骨などを切除する関節形成術もおこなわれていきます。

肘内障

いわゆる「肘(ひじ)が抜けた」状態のことです。
親がこどもと手をつないで歩いているとき,こどもが転びそうになったのでとっさに手を引っ張ったら,急にこどもが泣いて手を動かさなくなった,というのが典型的な起こり方です。肘の関節の亜脱臼の状態です。歩きはじめから5歳くらいまでのこどもで,とくに1歳から3歳の幼児に特に多く起こります。
こどもは突然泣き出し,痛めた方の腕を使おうとしなくなり,また 触れられることを嫌がります。腕は麻痺をしたようにだらりと垂れ,内側を向いたようになります。亜脱臼した関節が自然に元に戻ることもあります が,多くは治らないので治療が必要です。

肘部管症候群

肘部管症候群も手指のしびれを主症状とします。
小指、環指のしびれは当初から見られ、さらに進行により知覚障害、筋力低下(環指小指の深指屈筋による握力低下、母小指対立運動、拇指内転筋)が出現することもあります。 肘部管での尺骨神経絞扼によって生じますが、その原因はさまざまであり骨折後の骨の変形、ガングリオンなどの圧迫、尺骨神経の反復する脱臼などあります。競技者(ピッチングなど)や音楽家(バイオリンなど)での使いすぎによるケースでは保存療法が有効ですが、進行性で保存療法が無効とされ手術にいたるケースもございます。

ガングリオン(結節腫)

ゼリー状の物質が詰まった腫瘤であり、柔らかい場合と硬い場合があります。
ガングリオンができやすい場所は、手関節背側(甲側)があり、これは手関節にある関節を包む袋である関節包につながっています。他に、手首の母指(親指)側にある掌側の関節包、ばね指の生じる指の付け根にある掌側の腱鞘などにできやすいとされています。ただし、体のあらゆる場所にできる可能性があり、手だけにできるものではありません。なお、骨や神経、筋肉などに生じたものは、粘液変性したものが融合していると考えられています。
ガングリオンであり、痛みの症状がなければ放置して自然治癒に任せることも可能ですが、他の疾患の可能性もあるため、受診して診断を受けてください。

腱鞘炎

手首の親指側には腱のトンネルになっている部分があり、ここが何らかの理由によって狭くなって手首や親指を動かす際に痛みが生じます。腱鞘炎は、「ばね指」や「ド・ケルバン腱鞘炎」が原因となっているケースが多く、注射で改善するケースもありますが、より良い治療にはトンネルを広げる手術が必要です。また手術後はリハビリを根気よく行うことで機能を寛解させ、痛みを解消させます。

ばね指(弾発指)

引っかかっている指を伸ばす際に、バネのような勢いを見せることからこの名前がついています。屈曲時の痛みや指を曲げた後に伸びない引っかかりによって気付く場合が多く、特に朝起きた時の症状が強く、時間が経過すると緩和していく特徴を持っています。どの指にも起こりますが、親指、中指、薬指に起こるケースが多くなっています。
放置してしまうと関節の動かしにくさが固定化し、関節拘縮を起こします。PIP関節という指の先端から2番目の関節に関節拘縮が起こりやすく、関節が伸びなくなってしまうだけでなく、治療が困難になりますので、早めの受診をおすすめします。

手根管症候群

手には親指から薬指までの感覚を支配する正中神経が通っていますが、手関節の部分でこの神経を覆っているトンネルが手根管です。手根管症候群は正中神経が何らかの理由で手根管に圧迫されることで起こります。手が痺れたり、チクチクとした痛みを感じたり、物をうまく掴めなくなったりします。親指の付け根部分の丸みが減っていく場合もあります。詳しい原因は不明ですが、女性や手をよく使う人に起こりやすい傾向があります。首の骨や神経が原因となって手指の痺れが起こる事もありますので、まずは当院までご相談下さい。

デュピュイトレン拘縮

フランスの医師ギヨーム・デュピュイトランによってはじめて詳細な報告がなされた疾患です。拘縮とは関節包外の軟部組織が原因となって関節の可動域が制限されている状態のことです。手のひらから指にかけてしこりやこぶのようなものができ、進行すると皮膚のひきつれや指が伸ばしにくくなるなどの症状を起こす疾患です。薬指と小指に発症することが比較的多いのですが、他の指に発症する場合もあります。

キーンベック病(月状骨軟化症)

月状骨がつぶれて扁平化する病気をキーンベック病といいます。
月状骨は手首(手関節)に8つある手根骨の1つでほぼ中央に位置します。月状骨は、周囲がほぼ軟骨に囲まれており血行が乏しいため、血流障害になり壊死しやすい骨の1つです。
症状、年齢などによって治療が変わります。
初期や疼痛が強いときには安静やギプス、装具による固定が行われますが、治らない時には、いろいろな手術が行われます。月状骨にかかる力を減らすために橈骨短縮骨切り術が行われ、骨移植(遊離や血管柄付きなど)等も行われます。
末期では壊死した月状骨を摘出し、そこに腱球挿入(腱を丸めてスペーサーとして利用)する方法などが行われます。
詳しくは整形外科医にご相談ください。