• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

首・肩・腕の痛み

首・肩・腕の痛み

首・肩・腕の痛み

小林整形外科クリニックでは、首、肩、腕の痛みの原因となる頚椎椎間板ヘルニア、頸部捻挫(むち打ち障害)、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、頸・肩・腕症候群、寝ちがえ、肩こりなどの診療を行っております。
痛みでお困りの方は気兼ねなくご相談下さいませ。

頸椎椎間板ヘルニア

首や肩甲骨、上肢(腕)に痛みやしびれが放散したり、ハシが使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。まれに排尿障害や狭心症に似た胸部痛が見られます。椎間板は背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その軟骨(髄核)が脊髄や神経根を圧迫し症状が出ます。椎間板が加齢などで変形し、後方へ突出して起こります。30~50歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが誘因になることもあります。

頚部捻挫(むち打ち傷害)

追突事故やスポーツ等で頚椎が急に後に伸ばされて、反動で前に曲がり、 あるいは首を強くねじられ、首から肩の痛み、頭痛などの症状がでる疾患です。一般的には「むち打ち症」と言われるもので、頚部の軟部組織の損傷によるものです。

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。腕を持ちあげるような動きが難しく、中でも腕を外側に回すような動作などは、特に痛みを感じます。ただ「痛みがある」というだけでなく、いつもの容易な動作が困難になり、日常生活に不便を感じる方もいます。

頸・肩・腕症候群

首、肩、腕のハリや痛み、上腕から前腕にかけての疲労感や 脱力感、手指のしびれや冷や汗などが起こる事を頸肩腕症候群と呼びます。首や肩には、様々な筋肉が重なり合ってつき(図)、重い頭を支えたり、腕をつり下げたり、腕を支えて動かします。肩のハリは、疲労やストレスなどによってこれらの筋肉が緊張し、血行障害に陥る事から起こります。

寝ちがえ

首、背中の筋肉の炎症による痛みのことをいいます。
さらに首や背中の動きが痛みによって運動制限され、
特に首を傾けたり、回したりすると痛みが強くなります。
また、ひどい場合は背中にも痛みが出ることもあります。

肩こり

肩こりは姿勢が悪くなったり、運動不足になったりすることなどが原因となって発症します。また、変形性頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどの病気によって、肩の痛みが現れることもあるのです。治療では原因に応じて、お薬や温熱療法、運動療法などを組み合わせて、症状を和らげていきます。当クリニックでは枕の調整もおこなっておりますので、ご希望の方はご相談ください。