• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

しびれ

しびれ

しびれ

手のしびれの原因として手根管症候群(親指から薬指のしびれ)や肘部管症候群(薬指と小指のしびれ)が占める割合は比較的高く、手根管症候群は手首で、肘部管症候群は肘部で神経が障害されることにより生じます。これらの病気は重症化する前に手術を行ったほうが良い場合も多く、手のしびれでお困りの場合は受診をお勧めします。

また頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアなど、患者様の症状を軽減させるために、適正な治療を行っております。しびれでお困りの方は気兼ねなくご相談下さいませ。

手根管症候群

手には親指から薬指までの感覚を支配する正中神経が通っていますが、手関節の部分でこの神経を覆っているトンネルが手根管です。手根管症候群は正中神経が何らかの理由で手根管に圧迫されることで起こります。手が痺れたり、チクチクとした痛みを感じたり、物をうまく掴めなくなったりします。親指の付け根部分の丸みが減っていく場合もあります。詳しい原因は不明ですが、女性や手をよく使う人に起こりやすい傾向があります。首の骨や神経が原因となって手指の痺れが起こる事もありますので、まずは当院までご相談下さい。

肘部管症候群

肘部管症候群も手指のしびれを主症状とします。
小指、環指のしびれは当初から見られ、さらに進行により知覚障害、筋力低下(環指小指の深指屈筋による握力低下、母小指対立運動、拇指内転筋)が出現することもあります。 肘部管での尺骨神経絞扼によって生じますが、その原因はさまざまであり骨折後の骨の変形、ガングリオンなどの圧迫、尺骨神経の反復する脱臼などあります。 競技者(ピッチングなど)や音楽家(バイオリンなど)での使いすぎによるケースでは保存療法が有効ですが、進行性で保存療法が無効とされ手術にいたるケースもございます。

頸椎椎間板ヘルニア

首や肩甲骨、上肢(腕)に痛みやしびれが放散したり、ハシが使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。まれに排尿障害や狭心症に似た胸部痛が見られます。椎間板は背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その軟骨(髄核)が脊髄や神経根を圧迫し症状が出ます。椎間板が加齢などで変形し、後方へ突出して起こります。30~50歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが誘因になることもあります。

腰椎椎間板ヘルニア

また、腰椎椎間板ヘルニアは若年者に多いイメージがありますが、高齢者でも生じることがあり、中高齢者に多い疾患である腰部脊柱管狭窄症に合併することもあります。例えば、もともと下肢のしびれがあったが、ある時期から突然痛みに変わった、という経過であれば、狭窄症にヘルニアを合併している可能性があります。