• 078-412-2177
  • 〒658-0001
    神戸市東灘区森北町1-7-13アーク玉谷ビル2F
menu

2012年8月号 『明日は今日のベストを超える』

2012年8月号 『明日は今日のベストを超える』

2014/11/27

ロンドンオリンピックが現在行われています。
金メダルの本命が勝った順当な結果もあれば、番狂わせが起こったり、微妙な判定による決着など様々です。4年に一度の一発勝負に向けて、実力をつけ、その実力を十分に発揮することの難しさを感じます。素晴らしい成績を残した選手には、立派なコーチがついていることが多く、選手自身では気がつかないフォームの変化や、メンタル面でのアドバイスを受けることが、記録、成績を伸ばすのに役立っています。
ハンマー投げの室伏選手のように一人で計画、練習している選手は少ないようです。
私も北京オリンピックが開催された年に開業し、早4年が経ちますが、開業医はコーチにつくことなく、原則一人で診療することになります。室伏選手のように実績、実力が世界レベルなら問題ないのかも知れませんが、開業医にとって大切になってくるのが、勉強会、病・診連携、診・診連携です。
どんな名医であろうとも、どうしても一人ですと盲点があり、最初に付けた診断に沿って、物事を判断しがちです。明らかに他科の疾患はもちろん、専門の科においても、既往や、初診時の印象に左右されることなく、診察することが大事で、過去の自分の判断を見直すことや、時には他のドクターの意見をうかがうことが重要であると痛感します。
4年前と比べると、大変忙しくなりましたが、診察に十分時間をかけているだろうか、説明したことを患者さんに理解してもらえただろうか、これがベストの治療だろうか、院内のシステムも改善できる点はないだろうかと考えながら、毎日診療しています。今日のベストを明日は超えることを目標に私の開業医としての旅は続きます。